商品の売れ方を把握できるPOSレジが便利

クレジットカード

使い勝手の良い決済手段

現金を所持していない状況でも買い物ができることから、クレジットカード決済が消費者にとって好まれています。また、企業側にとってもカード利用に対してメリットがあります。支払いがスムーズに済むことで生まれる人件費の節約や販売機会の創出がそれにあたります。

施術

柔道のクリニック

柔道整復師会は開業した柔道整復師を主な対象とし、情報や技術の提供・指導を行うセミナーを開催したり、柔道整復師同士が交流できるイベントを設けたりしています。これらのシステムに関して意見を主張することも認められており、柔道整復師の開業とクリニックの経営を全体的にサポートしているのが柔道整復師会です。

レジ

予約システムなどと連動

レジは一般的な機能は会計する事です。最後に販売証明書であるレシートを発行することで完結します。しかし最近ではインターネットに接続するシステムが多くなっています。これにより顧客ニーズを的確にとらえることができるようになります。

高機能レジで売上管理

レジスター

データ分析に強みを発揮

コンビニエンスストアやスーパーなどへ行くと、商品のバーコードを読み取ったりタッチパネルのメニューボタンを押したりするだけで会計ができるレジを普通に見かけます。あのようなタイプを、POSレジといいます。POSレジは、高度な情報処理機能を備えたレジスターです。商品名や単価などをあらかじめ登録しておくことで、会計処理を大幅にスピードアップすることができるようになります。カードリーダーなどの付属機器も接続できるため、クレジットカード決済やポイントカードの処理なども簡単に行うことが可能です。POSレジの機能はそれだけにとどまりません。内蔵されているプログラムを用いて、さまざまな統計処理を行うこともできるのです。POSレジで会計した際の売上情報は、そのまま記憶装置内に保存されます。そして日計・月計などの集計データを簡単に作成することができます。そればかりでなく、商品ごと・曜日ごと・季節ごとといった多様な統計も出すことができます。このデータを利用すれば、たとえば売れ行きの良い商品の仕入れ量を増やしたり、平日と休日で棚の入れ替えをしたりといった、売上アップのためのヒントが得られます。また、POSレジはポイントカード等の処理にも使えると先に述べましたが、このデータを使って顧客ごとの利用履歴も把握することが可能になります。つまり、一種の顧客管理台帳の役割も果たせるわけです。POSレジはコンパクト化が進んでおり、価格も低下傾向にあります。そのため、大手チェーン店に限らず、小規模商店の中にも導入するところが増えてきています。