商品の売れ方を把握できるPOSレジが便利

使い勝手の良い決済手段

クレジットカード

両者にメリットが発生する

消費者側としてクレジットカード決済を利用するのは、数多くのメリットを持っています。まず実際問題として、食事や買い物をするには必ずお金を支払うことになります。お店がクレジットカード決済に対応していれば、顧客が現金の持ち合わせがなくても利用できるので非常に楽になるのです。また、クレジットカード決済の金額に応じてポイントが貯まるのも、消費者側からのメリットと言えます。逆に店舗や企業側からすれば、消費者がクレジットカード決済をする度に、利用する金額の2〜5%ほどの手数料を支払うことになります。これだけ見ると消費者側だけメリットがあり、店舗や企業側が損をしているようにも見えますが、実は十分なメリットを得ることができています。クレジットカードを所持する人は、普段よりお金使いが良くなると期待して会員を増やしているのです。上記のように現金の持ち合わせがなくても決済はできるという利点の通り、店舗や企業側も商品を売るチャンスが出来るからです。その場で現金を出すわけではないので、給料日前でもクレジットカード決済を利用する人も少なくありません。また、現金による決済はレジの受け取りやおつりの払い戻しなど、手間や時間がかかります。クレジットカード決済では読み取り機に通すだけで全てが完了し、おつりの計算を間違えることもないのです。これによって支払いがスムーズに済み、店舗なら人件費を削減できますし、消費者側としてもレジに並ぶ時間が短縮されるのでストレスにならず円滑な対応ができるようになります。